2017年6月27日火曜日

バハレーン調査:2017年5月31日〜6月20日

5月31日から6月20日までバハレーンで資料調査を実施しました。南インドとバハレーン?という疑問ももたれるかもしれませんが、西暦紀元前後の時期(ティロス時代)にバハレーンに残された墳墓から数多くの石製装身具が出土しており、それらがインド産である可能性が高いことから、その記録・分析を行ってきました。まだまだいくつかのステップを踏まないと結論にはいたりませんが、インド産の可能性がきわめて高いと考えています。その根拠としては、紅玉髄、瑪瑙、アメジストという同時代のインドと同じ石材が用いられていること、形態的にもインドに共通するものが多く含まれること、そして穿孔技術という地域的特性を強く反映すると考えられる技術的要素において、インドと同じ技術の使用を示すデータが得られたことによります。

バハレーン出土のインド系玉

現在得られているデータからみると、前4世紀にはインドと東南アジアの海洋交易が活発化しはじめていたことがしられており、前1世紀から後1世紀には海洋交易が最盛期を迎えます。有名な『エリュトゥラー海案内記』には、1世紀頃の地中海世界とインド世界、東南アジア世界をつなぐ海洋交易について描写されていますが、まさにその時代の資料がバハレーン出土の石製装身具であり、インドの石製装身具ということになります。それを具体的に検討することによって、海洋交易の実態を明らかにすることができると考えています。

タイで出土するインド系玉

長い海岸線をもつ南インドも海洋交易の中に深く取り込まれていたと考えられますが、バハレーン出土の石製装身具がインド産とすると、インドのどこでつくられたものでしょうか。可能性としては、南インド、北インド、そしてバローチスターンが候補地としてあげられます。これを特定するには、まだまだ資料が足りませんが、バハレーンという消費地で出土した資料から生産地であるインドの様相を考えてみることも、大変重要です。

南インド巨石文化は前1千年紀末までに衰退すると考えられますが、その衰退の先にはどのような社会が展開したのでしょうか。ある特徴をもった考古文化の「衰退」は、その担い手の死滅を意味しているわけではありません。何かの理由によりある文化が変化し、周辺地域との関係の中で、新しい社会の様態へと転じていくというのが、社会・文化変化の実態です。南インド巨石文化が新たな社会へと変貌していく過程に海洋交易の活発化、周辺地域との新たな交流関係の形成が関わっていたのではないかというのが、現在抱いている一つのシナリオです。広大な地域空間の中に南インドを位置づけていくことによって、南インド社会の変容を理解していきたいと考えています。

2017年4月3日月曜日

インド調査:2017年2月24日〜3月30日

2月24日〜3月30日までインドでの現地調査に出かけてきました。今回はケーララ州コーチ近郊にあるユニオン・クリスチャン・カレッジでの資料調査、ハイデラーバード大学歴史学科K.P.ラーオ教授との共同によるアーンドラ・プラデーシュ州、カルナータカ州所在の南インド新石器文化および南インド巨石文化遺跡の分布調査およびハイデラーバード大学歴史学科所蔵資料の調査、マハーラーシュトラ州政府考古局ナーグプル支局との共同でのナーグプル周辺所在の南インド巨石文化遺跡の分布調査を行ってきました。

ユニオン・クリスチャン・カレッジでは、主にクンヌカラ遺跡出土の石製装身具(ビーズ)の記録化を実施しました。石製装身具は南インド巨石文化を特徴づける器物の一つですが、その背景には北インドとの交流関係が関わっている可能性がこれまでの調査で明らかになってきました。クンヌカラ遺跡出土資料はそうした石製装身具が巨石文化の拡散とともに南インド最南端の地域へと広がっていたことを示す資料として重要な資料と考えられます。

アーンドラ・プラデーシュ州では、チェードゥ・グッタ遺跡、ネッコンダ遺跡、ガディガレヴラ遺跡、パーラヴォイ遺跡、カリヤーンドゥルグ遺跡、チェクラヤペータ遺跡、カルナータカ州ではクマティ遺跡を訪れました。

このうちパーラヴォイ遺跡とチェクラヤペータ遺跡は南インド新石器文化の遺跡で、特にパッラヴォイ遺跡はアッシュマウンドと呼ばれる南インド新石器文化を特徴づける遺構が存在する遺跡です。1960年代に発掘調査が行われていますが、若干の表採資料を得、南インド新石器文化の内容を把握することができました。また、チェクラヤペータ遺跡では土器棺墓を発見し、貴重な資料を得ました。

パーラヴォイ遺跡

チェードゥ・グッタ遺跡は磨製石斧、黒縁赤色土器、鉄滓、歴史時代の土器を採集するとともに、丘陵頂部に存在する古墳を確認しました。これらの資料から、新石器時代から鉄器時代、歴史時代にかけての複合遺跡であると推測されます。

ネッコンダ遺跡では、南インド巨石文化期の黒縁赤色土器と歴史時代の土器を採集することができ、チェードゥ・グッタ遺跡同様に長期間利用された集落遺跡と考えることができます。

ガディガレヴラ遺跡は、壁画を伴う岩陰と古墳を確認しました。壁画には騎馬人像も含まれており、鉄器時代以降のものと考えられ、南インド巨石文化との関連も伺わせています。

ガディガレヴラ遺跡

カリヤーンドゥルグ遺跡は板石を用いた環状列石を伴う古墳を確認しました。板石を環状に立て並べる古墳はアーンドラ・プラデーシュ州からタミル・ナードゥ州北部に分布していますが、それらは地上式石槨を伴うのに対して、カリヤーンドゥルグ遺跡の例は土壙墓と推定され、従来知られていたものとは異なる特徴をもつことが確認できました。

カルナータカ州東部に所在するクマティ遺跡は、板石を加工して人もしくは鳥を象ったと考えられる立石が残る遺跡で、これもまたアーンドラ・プラデーシュ州からタミル・ナードゥ州北部に特徴的な巨石文化期の遺構です。その加工方法は同地域に分布する石槨墓と同様に板石の縁辺を打ち欠くもので、巨石文化期に特徴的な加工方法となっています。古墳とは異なる巨石文化期のモニュメントとして注目されます。

クマティ遺跡

最後にナーグプル近郊では、昨年11月に引き続きマッリ遺跡の分布調査を実施し、古墳の分布図の作成を進めました。

南インドで報告されてきた巨石文化期の遺跡全体からみればごく一部ですが、過去2年間の調査で南インド各地に残る古墳の特徴が浮かび上がってきました。また、表採資料ながら南インド新石器文化期の遺物を収集することができ、巨石文化との物質文化の違いも明らかになりつつあります。その一方で、新石器文化期以降の継続的な居住を示す遺跡を確認しつつあり、文化は変わっても集落の立地には新石器文化と巨石文化の間で共通性がみられることもわかってきました。

多くの成果が蓄積されつつあり、残り2年の研究期間で、さらなる現地調査の実施と成果の取りまとめを進めていく予定です。


2016年12月22日木曜日

マディーナー遺跡発掘報告書の刊行:2016年10月

北インド鉄器時代の遺跡であるマディーナー遺跡の発掘調査報告書を刊行しました。この遺跡はハリヤーナー州にある遺跡で、2009年にマハーリシ・ダヤーナンド大学が中心となって発掘調査が行われました。その出土遺物の整理を上杉が担当し、報告書の作成を進めてきましたが、その報告書を科研費の一部で刊行することができました。



北インド鉄器時代の村落遺跡で、遺構としては掘立柱式建物と考えられる柱穴列やカマド跡が発見され、遺物では土器、土偶、鉄製品、ファイアンス製装身具などが出土しています。注目すべきは、土器にバーラー式土器と呼ばれるインダス文明期以来の系統に属する土器と、北インド鉄器時代のガンガー平原西部を中心に出土する彩文灰色土器が同一層から出土していることです。このほかにも牛車形土製品やファイアンス製装身具などインダス文明系統の遺物と、鉄器時代になって北インドに導入されたと考えられる騎馬を表現した土偶が出土するなど、インダス文明期以来の文化伝統から鉄器時代の文化伝統を移り変わっていく、ちょうどその移行期に属する遺跡である可能性が高いと考えられます。

報告書はPDFでも公開していますので、ご関心のある方は下記のリンクからダウンロードしてください。

https://www.academia.edu/29363172/EXCAVATIONS_AT_MADINA_DISTRICT_ROHTAK_HARYANA_INDIA

インド調査:2016年11月20日〜12月9日

11月20日〜12月9日まで、インド、マハーラーシュトラ州ナーグプル所在のマハーラーシュトラ州政府考古局ナーグプル支局で南インド巨石文化関連資料の調査と、ナーグプル近郊にあるマッリ遺跡の測量調査を実施してきました。

資料調査はマッリ遺跡から出土した土器および鉄滓を対象としたもので、前1千年紀前半の南インド巨石文化関連の土器の実測を行うとともに、鉄滓の肉眼観察から同遺跡での製鉄工程の復元を進めました。鉄滓の検討には愛媛大学の笹田朋孝 さんと富山大学の長柄毅一さんに参加していただき、製錬から鍛造工程にいたる一連の製鉄作業が行われていたことが確認できました。

南インド巨石文化は豊富な鉄製品を副葬品として用いており、その背景には盛んな鉄生産が行われていたことが推定されますが、冶金考古学的な分析が行われた遺跡は少なく、どのような技術を用いて鉄生産が行われていたのかよくわかっていません。今回の調査は予備的なものでしたが、今後の本格的な研究の出発点を準備することができました。

マッリ遺跡の古墳:環状列石と石槨の天井石が残る。

マッリ遺跡の測量調査ではドローンによる広域測量を試み、地形と古墳の分布の関係を検討するための基礎資料を作成することができました。多数の古墳が支群を形成しながら全体の古墳群を形作っており、以前にこの遺跡で行われた古墳の発掘調査成果とあわせながら、古墳群の形成過程を明らかにしたいと考えています。ちなみにこのマッリ遺跡で確認されている古墳は、ナーグプル周辺に数多く分布する積石塚とはことなり、環状列石の内部に小さな石槨を築くという形式が主体となっています。一般的な積石塚の場合、墳丘の内部に埋葬施設が築かれることはないのですが、マッリ遺跡の石槨を有する古墳は、一般的な積石塚とは異なる系統にある、もしくは時期が異なる可能性を示唆しています。


マハーラーシュトラ州政府考古局ナーグプル支局と共同でナーグプル周辺の古墳群の分布調査を実施していますが、今後さらに調査を進めていくことによって、古墳群間の比較研究を行いたいと考えています。

なお、調査の実施にあたっては、ナーグプル支局局長のヴィラーグ・ソーンタッケー氏のご協力を得ました。記して御礼申し上げます。

2016年11月20日日曜日

イギリスでの資料調査:2016年11月5日〜11月14日

11月5日〜11月14日までイギリスに出張してきました。目的はケンブリッジ大学にある考古学・人類学博物館と大英博物館での資料調査。両博物館に収蔵されるインド由来の石製装身具についての調査でした。イギリスはその植民地経営の中で南アジア各地で遺跡の考古学調査を実施し、その出土品の一部をイギリス本国に持ち帰っています。今回の調査対象はそうした19世紀から20世紀前半にかけてインド・パキスタンから将来された資料です。出土地の詳細がわからなくなっているものもありましたが、タクシラー遺跡や南インドの古墳から出土した紅玉髄、瑪瑙、水晶などの石材でつくられたビーズは現在でも非常に重要な資料となっています。



調査の結果、これらのビーズは前1千年紀、すなわち鉄器時代の資料であることが明らかになりましたが、この時期に北インドでも南インドでも共通する特徴をもったビーズが分布することがほぼ確実になりました。この時期の北インドはガンガー平原に都市社会が形成され、南インドでは巨石文化が広く展開します。どうやら前1千年紀前葉に北インドで生産が活発化した石製装身具が何らかの契機において南インドにも流入するようになり、南インドでも石材原産地の近くで北インド系のビーズが生産されるようになります。それが南インド各地に流通し、特に古墳の副葬品として用いられるようになったと考えられます。北インドと南インドの交流関係、すなわち南アジア世界の形成過程を明らかにする上で非常に重要な知見が得られつつあります。


インド博物館での講演:2016年9月24日

コルカーターにあるインド博物館で、「Archaeology of Interregional Interactions across South Asia」と題した講演をさせていただきました。インダス文明の形成からその衰退、ガンガー平原の開発、鉄器時代における北インドと南インドの交流関係など、本科研プロジェクトで研究課題としているテーマについて、最近の研究成果を盛り込みつつお話をさせていただきました。講演内容についてはおおむね好意的に受け入れられ、たくさんの質問を聴衆の方からいただきました。

特に最近の研究成果としては、石製装身具の研究が挙げられます。前1千年紀前半の段階で北インドから南インドまで共通の形態、装飾、製作技術によって特徴づけられる紅玉髄・瑪瑙・水晶製玉が分布するようになったことが確実になってきており、この時期に北インドと南インドの交流関係が強化されていたことが推測できます。これまで北インドと南インドの鉄器文化を交流関係という視点から論じた研究はほとんどなく、鉄器時代におけるダイナミックな地域間交流の中で北インドと南インドがつながり、社会変容を引き起こしていったと考えられます。

確実に研究成果があがりつつあります。今後の調査・研究にご期待ください。



2016年10月24日月曜日

栽培植物に関する研究会を開催しました:2016年7月23・24日

去る7月23・24日に山梨県立博物館に置いて、南アジアの栽培植物に関する研究会を開催しました。打ち合わせに近い研究会でしたが、山梨県教育委員会の中山誠二さんと東京大学博物館の赤司千恵さんとともに、西アジアから南アジアにおける栽培植物の歴史について検討を行いました。

この分野に関しては、今回の科研プロジェクトではまだ十分な成果が上がっていませんが、シリコーンを用いたレプリカSEM法による種子圧痕の研究を進めています。今後の研究成果にご期待ください。

パンジャーブ州ジャウラー・カーラーン遺跡採集土器の
サンプルから得られたイネの圧痕(前2千年紀前半)